PICK UP

アクセスランキング

  • 2018年5月29日更新

【タロットカード】サッカー日本代表はどうなる? タロットで占ってみました(4)

【タロットカード】サッカー日本代表はどうなる? タロットで占ってみました(4)

引き続き、「日本代表」の行く末を「タロット」で占います。

「西野ジャパン」を勝利に導くカギはなにか、探っていきましょう。

出典(TOP画像):Illust AC

西野新体制で、どんな選手がカギになる? 【吊られた男・正位置】

【タロットカード】サッカー日本代表はどうなる? タロットで占ってみました(4)

出典:ashinari.com

監督が交代するということは、当然ながらチームの戦い方も変わってきます。
それに応じて、選手の選考や起用にも、ある程度の変化があると思って間違いありません。

それでは、ワールドカップ本戦のカギを握るのは、具体的にどんな選手なのでしょうか?
タロットで観たところ、「吊られた男」の正位置が導かれました。

うーん、今回はこのカードがよく出てきますね。

先ほど出てきたのは逆位置でしたが、今度は正位置。
こちらは「忍耐」「努力」あるいは「奉仕」の象徴です。

つまり西野新体制のカギを握るのは、ハリルホジッチ監督のもとで冷遇されていた選手、あるいは選出自体されていなかった選手だと思われます。

これまでいい扱いをしてもらえず、耐え忍んでいた選手が、西野監督の手で重用され、チームに献身的に奉仕するビジョンが見えるのです。

前任のハリル監督は良くも悪くも頑固で、ポリシーを断固としてつらぬく指揮官でした。

よって、自分が「必要ない」と判断した選手については、これまで容赦なく切り捨ててきたことでしょう。

そうした選手の中に、西野新体制のもとで起用される人が何人か出てくるはずです。
彼らこそが、西野ジャパンの浮沈のカギを握っているといえます。

それにしても……
ここで吊られた男の正位置が導かれたのは、とても面白い暗示です。

先に本田選手・香川選手について占ったところ、吊られた男が逆位置で出ました。

彼らは日本を代表するスーパースターたちですが、どうもワールドカップ本戦では上手くいかない可能性があります。

その点、タロットは吊られた男の正位置―――つまりこれまで不遇の中で忍耐を強いられていた選手に、望みがあると告げています。

よって西野監督率いる日本代表では、ハリル時代に召集されなかった選手あるいは、これまでよりも重用される選手にこそ、注目してみてください。

これまで日陰者だった彼らの働きこそが、西野ジャパンを大きく飛躍させるかもしれないのです。

西野監督がチームを勝利に導くカギは? 【愚者・逆位置】

【タロットカード】サッカー日本代表はどうなる? タロットで占ってみました(4)

出典:ashinari.com

ここでは、西野監督が結果を残すため、何がポイントになるかを占ってみました。
タロットに尋ねたところ、「愚者」の逆位置が導かれました。

これは「未熟さ」「執着」「愚行」を暗示しています。
正直、あまりいい暗示とはいえませんね。

サッカーのようなスポーツにおいては、愚者の逆位置は自由奔放で厄介な選手の象徴と読めるでしょう。

自己中心的な選手。独りよがりでワンマンな選手。あらゆる局面で「オレがオレが」と、自分で決めたがる選手。

どんなチームにも、ひとりやふたりは必ずいますよね。

つまりカードが愚者の逆位置を示したのは、こうしたワガママな選手の扱いが、キーポイントになるということです。

おそわくワールドカップ本戦でも、「チームプレーより自分の活躍」を大切にする選手が出てくるはずです。

西野監督が彼らとコミュニケーションを取って、上手くコントロールしていくことが、本戦を戦うキーポイントとなります。

彼らを使いこなせれば、西野ジャパンにも光明が見えてきます。

逆に、彼らの好き放題を許してしまっては、おそらくチームプレーがなりたたなくなるでしょう。
西野監督の統率力が問われます。

各試合にみえるビジョンは―――1.コロンビア戦 【死神・正位置】

【タロットカード】サッカー日本代表はどうなる? タロットで占ってみました(4)

出典:ashinari.com

ではまず、ワールドカップ本戦での個々の試合について、占っていきましょう。
ただその前にお話しておかねばならないことがあります。

それは対戦する3ヶ国とも、日本よりも明らかに格上のチームだということです。
代表チームの強さを示す目安として、「FIFAランキング」というものがあります。

日本はこのランキングで現在60位と低迷していますが、一方の対戦国はこのようになっています。

ポーランド 10位
コロンビア 16位
セネガル  28位

FIFAランキングがすべてではないものの、基本的にワールドカップ本戦での日本は、自分たちをはるかに上回る強豪と戦わなくてはならないことになります。

特にコロンビアは、前回ワールドカップ(ブラジル大会)で1-4という一方的なスコアで敗れている相手なのです。

この現実を踏まえたうえで、各試合をタロットで展望していきましょう。
まずは因縁のコロンビア戦です。

この試合のビジョンを探ってみたところ……
タロットは死神の正位置を導きました。

「憎悪」「別離」「破滅」あるいは「思わぬ失策」が暗示されています。
なんとも強烈なカードが出てきたものですね。

特に懸念されるのは、「思わぬ失策」というキーワードです。
ただでさえ格上の相手ですから、日本代表はスキのない戦いを心がけなくてはなりません。

しかし思ってもみない凡ミスから、相手に点を許してしまうことも考えられます。
格上のコロンビア相手の試合では、それは「破滅」に直結します。

さらにはミスによる敗戦となれば、チームの中に不協和音が生まれ、イレブンの心がバラバラとなり(=別離)、さらには感情的なしこりまで残ってしまう(=憎悪)かもしれません。

とにかくこの試合ではミスに気をつけることと、結果はどうあれ選手の団結を維持することが大切になるでしょう。

▽【今月一番読まれている記事】夢占い-夢で、好きな人が出てきたのは何を意味するのか?▽

関連するまとめ

当たる電話占いメール占いは『絆』

この悩み誰かに相談したいけど、
電話占いって使ったことないし、大丈夫かな・・・
サクラとか騙されたりするんじゃ?
お金とかたくさんかかりそう・ ・ ・

ご安心ください♪

①簡単操作②安全・安心③明朗会計
をモットーにお客様にご安心してご利用頂けます。

『絆』は貴方のお悩みを解決したいんです!

当サイトを実際にご利用されたお客様の喜びの声はコチラ♪

今ならもれなく『3,000円』分のポイントプレゼント♪

まずは無料鑑定で本当に信用できるか是非お試しください♪
絶対に後悔はさせません!

アクセスランキング

ページ上部へ戻る