PICK UP

アクセスランキング

  • 2019年1月4日更新

【タロットカード】劉備をタロットで読み解く 9

【タロットカード】劉備をタロットで読み解く 9

鮮やかに危機を回避

【タロットカード】劉備をタロットで読み解く 9

前回は、曹操を暗殺する計画が持ち上がり、劉備も計画に誘われた……というところまでお話ししました。

そして劉備はその誘いに乗って、計画の同志となったのです。
大望を抱く劉備は、ハナから曹操のもとで一生を終える気はありませんでした。

とはいえ、彼にとって曹操は窮地を救ってくれた恩人であり、下にも置かぬ厚遇を受けてきたのも事実です。

曹操と表立って対立していない劉備が、なぜ暗殺計画などという物騒な話に首を突っ込んだのでしょうか?

背景には、劉備と曹操の「価値観の違い」があるのだと思います。

前回で詳しく述べましたが、劉備と曹操は出自はもちろん、歩んできた人生がまるで違うため、価値観がどうしても合わない面があったと考えられるのです。

真逆の価値観を持つ曹操が、皇帝を保護して最高権力者となり、政治を好きなように操る―――この現実に、劉備は耐え難いものを感じていたのかもしれません(そうした切実な想いがない限り、危ない計画に参加する理由がないのです)。

こうして暗殺計画の同志となった劉備ですが、驚くべき行動に出ます。
なんと自ら志願して、都を離れてしまったのです。

ちょうどこのとき、曹操は敵対勢力を攻撃することになったのですが、劉備は曹操に申し出て遠征軍に加わりました。

曹操を暗殺するには、当然ながら都にいて機会をうかがう必要があります。
ところが劉備は、暗殺計画に加わっておきながら、あえて自ら逃げ出してしまったのです。

これは乱世を生き延びた劉備ならではの、高度な危機管理だったのでしょう。

劉備は曹操暗殺そのものには賛成したものの、計画が失敗すれば一族もろとも皆殺しになってしまいます。

曹操と接する機会が多かった劉備は、その鋭い知性を目の当たりにし、暗殺計画の失敗を予感したのでしょう。

だからこそ曹操の軍事ミッションに参加する形で、都から逃げ出したのです。
事実、暗殺計画は失敗し、劉備の同志たちはことごとく曹操に捕らえられ、処刑されてしまいました。

劉備はあまり戦いが強くないと思われがちですが、的確な判断で危機一髪、難を逃れたわけです。
戦場をくぐり抜けてきた男だけあって、いざという時の判断力はさすがですね。

出典(TOP画像):photoAC

出典(TOP画像):ashinari.com

エリートのネットワーク

こうして曹操のもとから逃げ出した劉備の人生は、目まぐるしく動きだしました。
都から離れ、一時は独立する姿勢を見せるも、曹操自ら率いる遠征軍に破れます。

こうして劉備は、またしても流浪の人生に逆戻りしてしまったのです。

この後、家族や家臣たちとはぐれるなどの苦難を味わいますが、曹操の勢力圏から南に離れた荊州(けいしゅう/注)という地域のトップに身を寄せ、ひとまず落ち着くことができました。

(注)荊州……現在の中国・湖北省一帯にまたがる地域。後漢末の時代、中国の北方で戦乱が続いたため、多くの人が比較的平和な荊州に逃れてきた。そのため産業や文化が栄えたとされる。

ようやくひと息つけた劉備ですが、おそらく自分がなぜ曹操に勝てないのかを、彼なりに熟考したことでしょう。

曹操は個人の才覚が並外れているのはもちろん、当時の中国のエリート層の支持をしっかり固めていました。

エリートとの接点にとぼしい劉備には、「人脈のハンデ」が大きく立ちはだかっていたのです。
しかし、これだけ負け続けた劉備を、天はまだ見放してはいませんでした。

なぜなら、彼が逃げ込んだ荊州には、彼の弱点である「エリート人脈」が豊富に眠っていたからです。

当時の中国は北部(黄河流域など)が中心でしたが、曹操や呂布をふくむ多くの群雄が戦ったために、荒れ果ててしまいました。

そのため多くの人が戦乱を避けて、南の荊州に逃げてきたのです。
その中には、名声や社会的影響力のある「エリート」も、多くふくまれていました。

彼らは知識人のサロンというべき集まりを形成していたので、荊州はいわばエリートのネットワークが存在したわけです。

さらに劉備の後押しとなったのは、その荊州エリートのなかには反曹操派の人物もそれなりにいたことです。

来るべき曹操との戦いに向け、劉備は彼らの力をなんとしても借りたいところでした。

諸葛孔明との出会い―――恋人・逆位置

【タロットカード】劉備をタロットで読み解く 9

出典:ashinari.com

そんな荊州エリートのなかに、劉備の運命を変える大人物がいました。
その男こそ……あの諸葛孔明(諸葛亮)だったのです。

劉備にとって、孔明はどのような存在だったのか……。
タロットに尋ねたところ、導かれたのは……「恋人」の逆位置でした。

えええええっ!

筆者は非常に困惑いたしました。
孔明に関してこのカードが導かれることは、それだけ信じがたいことだからです。

なにしろ恋人の逆位置は、「誘惑」「不倫」そして「不道徳」といった内容を暗示しています。
私たちが孔明に抱くイメージとは、あまりにもかけ離れているからです。

しかし……筆者は思い直しました。

劉備と孔明の関係性には、恋人の逆位置に象徴されるような面も、あるいはあったのではないか―――
そう考えるようになったのです。

次回は、運命の出会いを果たしたふたりの関係を、タロットからじっくり読み解いてまいります。

▽【今月一番読まれている記事】夢占い-夢で、好きな人が出てきたのは何を意味するのか?▽

関連するまとめ

当たる電話占いメール占いは『絆』

この悩み誰かに相談したいけど、
電話占いって使ったことないし、大丈夫かな・・・
サクラとか騙されたりするんじゃ?
お金とかたくさんかかりそう・ ・ ・

ご安心ください♪

①簡単操作②安全・安心③明朗会計
をモットーにお客様にご安心してご利用頂けます。

『絆』は貴方のお悩みを解決したいんです!

当サイトを実際にご利用されたお客様の喜びの声はコチラ♪

今ならもれなく『3,000円』分のポイントプレゼント♪

まずは無料鑑定で本当に信用できるか是非お試しください♪
絶対に後悔はさせません!

アクセスランキング

ページ上部へ戻る