TOP

恋愛のプロが教える恋愛相談

土用の丑の日は運気アップの大チャンス!夏ならではの金運アップのおまじない

土用の丑の日は運気アップの大チャンス!夏ならではの金運アップのおまじない

「夏になってレジャーが増えて出費がたくさん!金運アップしたい!」
「土用の丑の日ってよく聞くけど、具体的にうなぎを食べるだけの日…??」

『土用の丑の日』はうなぎを食べる日として有名ですが、実はその意味を知っている人は少ないでしょう。

日本の行事は全て心身の健康や運気アップのための節目の意味があるんです。

そこで今回は土用の丑の日の意味やうなぎを食べる意味、スピリチャル的にどう過ごすべきかをご紹介。

さらに出費が増えがちな夏の金運アップのためのおまじないも教えちゃいます。

夏を楽しむために運気をアップしたい方、土用の丑の日にパワーチャージをしたい方は参考にしてみてくださいね。

出典(TOP画像):unsplash

土用の丑の日とは

土用の丑の日は運気アップの大チャンス!夏ならではの金運アップのおまじない

出典:unsplash

2020年7月21日は土用の丑の日です。

土用とは立春・立秋・立冬・立夏という暦の変わり目の前の18日間を意味します。

つまり夏だけでなく、春夏秋冬それぞれの土用はあるわけです。

丑の日は、旧暦で十二支(子丑寅…)で日付を数えていたことに由来します。

土用の丑の日とは、土用の期間の中の丑の日という意味です。

うなぎを食べる意味

土用の丑の日にうなぎを食べる意味について解説していきます。

夏はただでさえ気温が上がり、日中働いているだけで体力を奪われ、夏バテをしやすい時期ですよね。

その時期に疲労回復や食欲増進に効果があると言われるスタミナ食材である”うなぎ”を食べることで、夏バテを防止しようというのがこの風習の意味。

元は江戸時代に平賀源内が「夏にうなぎを食べると夏バテしなくなる」と広めたのが始まりだそうです。

昔の人も暑い夏をどう乗り切るかを考えて、うなぎを食べて体力をつけていたんですね。

また鰻登りという言葉がある通り、うなぎは商売運をアップさせるなど、運気を上げる効果もあると言われています。

うなぎは沼などでも生息できる強い生命力を持つ魚であり、成長すると1メートルを超えるほど大きく成長することから、縁起が良い魚として親しまれてきました。

この夏はうなぎを食べて元気をつけましょう!

スピリチャル的には夏の運気をアップするための準備の日

季節の変わり目を意味する土用の日は、スピリチャル的には夏の運気アップのための準備の日と言われています。

暦が変わると運気の流れが変わるので、その切り替えの日に運気が上がる行動を取ることが大事です。

例えば断捨離をして不要な運気を手放すことで、新しく幸運を迎え入れることができます。

悪い運気が溜まりやすいクローゼットを整理し、着ていない服を手放すのも良いでしょう。

湿気がたまると運気が停滞してしまうので、換気も忘れないようにしてください。

また暦が切り替わる土用の丑の日は新しい趣味や仕事に関連する勉強を始めるのにも向いている時期なので、運気の入れ替えと今まで挑戦したことのない新しいことを初めてみましょう。

土用の丑の日にはうなぎを食べて体力をつけ、運気の切り替えを意識することで暑い夏を運気よく過ごすことができますよ!

土曜の丑の日にする金運アップのおまじない

土用の丑の日は運気アップの大チャンス!夏ならではの金運アップのおまじない

出典:unsplash

次に土用の丑の日にすると金運がアップする紫陽花を使ったおまじないを紹介しましょう。

紫陽花は元々鈴なりに花がなることから、金運に効果的な花とされています。

庭に植えておけば家全体の財運をあげたり、一生お金に困らないと言われることもあるんですよ。

初夏から夏にかけては花屋にも出ているので、土用の丑の日の前に買っておきましょう。

紫陽花を玄関の内外に吊す

土用の丑の日の朝に紫陽花の花を2つ用意し、玄関の内側と外側に吊るしましょう。

日本には元々蜂の巣を玄関先に吊るすと商売繁盛につながるという言い伝えがあるのですが、紫陽花の花が蜂の巣に似ていることから同様の効果が得られると言われています。

特に自営業の方や仕事運をアップしたいと考えている方は、土用の日に紫陽花を2つ吊るして、金運アップを狙いましょう。

その他庭がある人は玄関付近に紫陽花を植えてみるのも効果的。

紫陽花を玄関に植えるとお金に困らないとされているからです。

鉢植えを置いても同じ効果が得られますよ。

花びらを財布や通帳に挟む

さらにその紫陽花から4枚花びらをつんで白い紙に包み、財布や通帳に挟んでおきましょう。

金運アップの花と言われる花びらをお金に関連する財布や通帳に挟むことで、次の土用の丑の日までお金に困らないそうです。

1年間お金を守り、収入を増やしてくれる効果があるおまじないなので、ぜひやっておきましょう。

花びらは入れっぱなしにしておいてOKですよ。

まとめ

土用の丑の日は運気アップの大チャンス!夏ならではの金運アップのおまじない

出典:unsplash

今回は土用の丑の日の由来やうなぎを食べる理由、そして紫陽花を使った金運アップのおまじないを紹介しました。

夏の時期は体力が落ちると同時にメンタルも不安定になりやすいので、疲れを感じたらうなぎを食べてスタミナをつけましょう。

また土用の丑の日は断捨離をするなどして、夏の強い運気を呼び込む準備もしてくださいね。

季節に合わせた過ごし方をすることで、健康・メンタル共に健やかに暮らしていくことができます。

ぜひ日本の風習や言い伝えを取り入れて、運気をアップさせましょう!

電話占いなら絆【kizuna】

口コミで話題の電話占い絆 この悩み、誰かに相談したいけど… ご安心ください 『電話占い絆~kizuna~』では、お客様に安心してご利用頂けますよう、日々サービスの向上に取り組んでおります。 簡単操作、安全・安心、明朗会計 今ならもれなく3000円分のポイントプレゼント
まずは無料鑑定を是非お試しください。
口コミを確認 新規会員登録

NEW ARTICLE 「占い」カテゴリの最新記事