TOP

恋愛のプロが教える恋愛相談

【2020年10月1日】中秋の名月のスピリチュアル的意味や過ごし方は?金運アップも!【十五夜】

【2020年10月1日】中秋の名月のスピリチュアル的意味や過ごし方は?金運アップも!【十五夜】

『中秋の名月』とはよく聞きますが、どんな日なのか知っているという人は少ないかもしれません。

ここでは、中秋の名月とはどんな日か、満月との違い、金運アップや運気をあげる過ごし方についてご紹介します。

出典(TOP画像):photoAC

中秋の名月=十五夜

【2020年10月1日】中秋の名月のスピリチュアル的意味や過ごし方は?金運アップも!【十五夜】

出典:photoAC

昔の暦では、1~3月が春、4~6月が夏、7~9月が秋、10~12月が冬の季節に当たると考えられていました。

7月に秋というと信じられないような気もしますが、たとえば旧暦の7月1日は、2020年の新暦では8月19日に当たります。

近年は残暑が長く、秋というイメージはないかもしれませんが、2020年の立秋は8月7日ですし、お盆も過ぎた8月19日は、季節としては初秋といっていいでしょう。

さて、中秋の名月の「中秋」という言葉も旧暦からきています。

7~9月という秋シーズンの真ん中の日は、8月15日です。

旧暦8月15日を2020年の新暦に当てはめると、10月1日になります。

この日が中秋の名月です。

十五夜という言葉は、旧暦8月15日の夜という意味で、中秋の名月と十五夜とは同じ日を指しています。

中秋の名月≠満月

【2020年10月1日】中秋の名月のスピリチュアル的意味や過ごし方は?金運アップも!【十五夜】

出典:photoAC

中秋の名月と十五夜は同じ意味でしたが、誤解されやすいのは、中秋の名月(十五夜)って満月じゃないの?ということです。

2020年でいえば、10月1日は中秋の名月(十五夜)ですが、満月はその翌日の10月2日になります。

また、月の軌道は楕円型をしているため、年によって大きさがかなり異なって見えます。

2020年の名月はどちらかというと小さな名月になると予想されています。

中秋の名月にはお月見をしながら金運アップ!

【2020年10月1日】中秋の名月のスピリチュアル的意味や過ごし方は?金運アップも!【十五夜】

出典:photoAC

中秋の名月には、その年の収穫を祝う、月に感謝を捧げるという意味を持った慣習・文化が根強く残っています。

十五夜というと、月の見える場所にすすきやお月見団子が飾ってある風景を思い浮かべる人も多いでしょう。

月見をしながら祈りを捧げたり、月の持っているエネルギーを浴びることはとても大事です。

スピリチュアル界ではとくに、中秋の名月のエネルギーは金運をあげる力を持っていると考えられています。

2020年はグリーンカラーの財布が運気をあげると言われているので、財布の新調はとてもおすすめです。

グリーンの財布は風水的に見ても、成長を促すものとされ、出世を望む人や、投資に着手したいと思っている人にとくにおすすめします。

同じ財布を使い続けようと思っている人も、お月見をしながら財布の掃除をすると、気のめぐりがよくなり、財布の中身の循環を促してくれます。

一度中身を全部出して、財布を丁寧にから拭きし、必要なものだけ戻すようにするといいでしょう。

中秋の名月に運気をあげる過ごし方とは

【2020年10月1日】中秋の名月のスピリチュアル的意味や過ごし方は?金運アップも!【十五夜】

出典:photoAC

最後に、中秋の名月に運気をあげる過ごし方をご紹介します。

①花卉(かき)を飾る
②お供えを飾る
③サツマイモや里芋を食べる

以上の3つについて詳しく説明します。

①花卉を飾る

【2020年10月1日】中秋の名月のスピリチュアル的意味や過ごし方は?金運アップも!【十五夜】

出典:photoAC

花卉とは、観賞用の草花や実のことをいいます。

お月見で有名な花といえば、すすきです。

この時期は稲刈りには早かったため、同じイネ科で早く穂の出るすすきを稲穂に見立てて飾ることで、収穫の感謝を表しました。

さらにすすきは古くから神様の依り代(宿る場所のこと)といわれ、魔除けになると考えられてきました。

お月見に飾ったすすきは捨てず、軒先や玄関などに飾ると、災いから家を守ってくれます。

お花を飾るのが好きな人や、すすきだけだと淋しい感じがするという人は、秋の七草やコスモスなど、季節の花とともに飾ると華やかになります。

②お供えを飾る

【2020年10月1日】中秋の名月のスピリチュアル的意味や過ごし方は?金運アップも!【十五夜】

出典:photoAC

お月見といえば団子というほど、お供えとしてポピュラーなのがお月見団子ですが、そもそも団子をお供えするようになったのは、お米ではなく芋類を主食としていたころに、里芋月に見立ててお供えしていたところが起源ではないかとされています。

月のように丸い里芋が、同じように丸いお団子へと変遷していったのでしょう。

この起源から、中秋の名月は「芋名月」とも呼ばれます。

秋の収穫を祝う、月に感謝を捧げるお供えのため、月見団子のほかに、栗や豆、芋類など、秋の実りを飾ったり、水やお酒をお飾りするのもいいでしょう。

③サツマイモや里芋を食べる

【2020年10月1日】中秋の名月のスピリチュアル的意味や過ごし方は?金運アップも!【十五夜】

出典:photoAC

芋名月の異名からもわかるように、芋類がだんだんと収穫できる時期です。

スーパーに行けば年中手に入る食材も多い昨今ですが、本来は食べものには旬があり、旬の時期に食べるのが、もっとも栄養価が高いといわれています。

芋名月には芋を食べて、旬の食材の持つパワフルなエネルギーを取り入れましょう。

また、お団子などお供えにした食べものは、お月見が終わってから食べるようにしてください。

中秋の名月のエネルギーを浴びた食べものを体に取り入れることで、月の持つ浄化のエネルギーを内側に取りこむことができます。

まとめ

【2020年10月1日】中秋の名月のスピリチュアル的意味や過ごし方は?金運アップも!【十五夜】

出典:photoAC

『中秋の名月』とは、旧暦の秋(7~9月)の中日である8月15日のことで、十五夜、芋名月ともいいます。

満月と勘違いされがちですが、かならずしも満月になるわけではありません。

スピリチュアル的には金運アップに最適な日でもあるため、財布の新調や掃除をすると、気のめぐりがよくなります。

今年の中秋の名月は、一年の収穫を喜び、感謝を伝える気持ちで過ごしてみてはいかがでしょうか。きっと未来につながる一日になりますよ。

電話占いなら絆【kizuna】

口コミで話題の電話占い絆 この悩み、誰かに相談したいけど… ご安心ください 『電話占い絆~kizuna~』では、お客様に安心してご利用頂けますよう、日々サービスの向上に取り組んでおります。 簡単操作、安全・安心、明朗会計 今ならもれなく3000円分のポイントプレゼント
まずは無料鑑定を是非お試しください。
口コミを確認 新規会員登録

NEW ARTICLE 「占い」カテゴリの最新記事