TOP

恋愛のプロが教える恋愛相談

ガンになりにくい食品とは?長生きするために

ガンになりにくい食品とは?長生きするために

「ガン」は国民病であり、日本人の死亡原因1位とされます。
2人に1人が「ガン」となり、3人に1人が亡くなるとされているのです。

できれば、避けて通りたいですよね……。
そこで、生活習慣の改善をつよくオススメします。

とくに、食事習慣の改善を意識したいもの。
今回は「ガンになりにくい食品」にスポットをあてます。

出典(TOP画像):pixabay

ガンを予防する食品について

ガンになりにくい食品とは?長生きするために

出典:pixabay

「ガン」は日本人だけでなく世界的に死亡原因の上位を占めるもの。
そのため、多くの科学者が「ガン」に対する研究をすすめています。

解明されてきたのは、生活習慣が大きく関わっていること。

「ガン・リスク」をアップさせる因子とダウンさせる因子が判明していますから、「ガン」の予防は十分に可能、と考えてください。

さっそく基本情報を列記しましょう。

・野菜や果物をしっかりと摂取する。
・根菜類や豆類を意識してお食事に取り入れる。
・食品の鮮度にこだわる。
・なるべく無添加食品を入手すること。
・お食事のビタミンバランスをつねに意識する。

これらに取り組めば、「ガン・リスク」をダウンさせられると専門書が報告しています。

さらに掘り下げましょう。
このほど、アメリカ国立ガン研究センターは「ガン・リスク」が下がる食品を発表しました。

それによると、「ニンニク・キャベツ・大豆・しょうが・ニンジン・セロリ」に高い効果があるとのこと。

つぎに効果的なのが「玉ねぎ・お茶・ターメリック・玄米・全粒小麦・オレンジ・レモン・グレープフルーツ・トマト・なす・ピーマン・ブロッコリー・カリフラワー・芽キャベツ」がよいとされます。

さらに続けましょう。
そのつぎに効果的とされる食品を列記しますね。

それは「メロン・バジル・タラゴン・からす麦・はっか・オレガノ・きゅうり・タイム・あさつき・ローズマリー・セージ・じゃがいも・ベリー」です。

いかがでしょうか?

ここまで、いろいろな食品を掲載しました。
すべてを暗記する必要はありません。

いくつかを覚えておき、ふだんの食卓にのぼるよう、意識をしてくださいね。

ガン予防のメカニズムについて

ガンになりにくい食品とは?長生きするために

出典:pixabay

「ガン・リスク」を下げる食品に共通しているのは、豊富に栄養素を含んでいる点。
とくに抗酸化作用をもつビタミンは重要視されています。

具体的には「ビタミンA・C・E」。
これらの特徴は強い抗酸化作用です。

「ガン」は細胞の変異により生ずるもの。
細胞の変異は酸化が一因とされます。

この点をケアすれば「ガン・リスク」を下げられると考えればよいでしょう。

また、近年増加傾向とされるのが「大腸ガン」。
食の欧米化が一因とされ、過度の飲酒や肉食傾向により引き起こされるとされます。

「大腸ガン・リスク」を下げるには、「葉酸・ビタミンD・カルシウム」の摂取が効果的です。

便秘状態を漫然と放置するのは「大腸ガン・リスク」を上げるとされます。
食物繊維を豊富に含む食品を積極的にとりたいですね。

それから、治療のむずかしい「ガン」として「肺ガン」が存在します。
タバコが大きな原因とされ、当然ながら禁煙が常識です。

しかし、タバコを吸わなくても「肺ガン」となるケースが報告されています。
要因として報告されるのが「大気汚染」と「女性ホルモン」。

「大気汚染」に関しては、「受動喫煙」や「PM2.5」への対策が必要です。

いっぽう、「女性ホルモン」に関してですが、エストロゲン補充療法を受けた女性や月経期間の長い女性にリスクの高さが指摘されています。

「エストロゲンに似た成分を含む食品はNGでしょうか?」。
質問がよせられました。

安心してください。

エストロゲンに似た構造の代表格はイソフラボンですね。
不思議なことに、イソフラボンは「肺ガン・リスク」を下げる効果を有しています。

そのため、女性らしくありたいと考えるならば、エストロゲン補充による治療法よりもイソフラボンを多く含む食品の摂取が望ましいでしょう。

習慣としたい食品について

ガンになりにくい食品とは?長生きするために

出典:pixabay

毎日の食卓に「ヨーグルト」はいかがでしょうか?

善玉菌を大腸に送り込むことで、腸内環境を整えて「ガン・リスク」のダウンが期待できます。

また、「ヨーグルト」はカルシウムを豊富に含んでおり、これが「ガン・リスク」を下げるとされるのです。

朝食時に「ヨーグルト」で「ガン予防」。

カルシウム摂取は骨密度にもよい影響をもちます。
習慣としたいですね。

それから「コーヒー」も「ガン・リスク」を下げると考えられます。

「コーヒー」はポリフェノールなどの抗酸化物質を含んでおり、日常的に摂取することで「口腔ガン」や「咽頭ガン」のリスクを下げられるでしょう。

さらに「脳腫瘍」の発症リスク減少が報告されています。
「コーヒー」愛好家には朗報ですね。

まとめ

ガンになりにくい食品とは?長生きするために

出典:pixabay

「ガン・リスク」に照準を絞って情報を掲載しました。

食事習慣は重要であり、過度の飲酒や塩分の過剰摂取は「ガン・リスク」の上昇を招きます。

また、肉や魚を調理する際には「こげ」に注意したいもの。
さらに、加工肉は「大腸ガン・リスク」を上げてしまうとされます。

これらに注意して、健康的な毎日を過ごしたいですね。

▽【今月一番読まれている記事】夢占い-夢で、好きな人が出てきたのは何を意味するのか?▽

電話占いなら絆【kizuna】

口コミで話題の電話占い絆 この悩み、誰かに相談したいけど… ご安心ください 『電話占い絆~kizuna~』では、お客様に安心してご利用頂けますよう、日々サービスの向上に取り組んでおります。 簡単操作、安全・安心、明朗会計 今ならもれなく3000円分のポイントプレゼント
まずは無料鑑定を是非お試しください。
口コミを確認 新規会員登録

NEW ARTICLE 「夢占い」カテゴリの最新記事