TOP

恋愛のプロが教える恋愛相談

カラーセラピー?心地よい他者との関わり方を知る

カラーセラピー?心地よい他者との関わり方を知る

社会的な生き物といわれる人間は、多くの悩みを持っていますが、その大半が他者との関わり方によるものです。

自分の個性を知り、どのように他者と関わればストレスがないかわかると、それだけで解決する悩みもあります。

今回は『カラーセラピー』を使って、どのように他者と関わるとよいかまとめました。

出典(TOP画像):photoAC

色は映し鏡

カラーセラピー②心地よい他者との関わり方を知る

出典:photoAC

同じ空を見ても、自分と他人とでは見え方が違います。

今日は良い天気だから頑張ろう、と思う人もいれば、外は天気が良いのに自分の心は雨模様だと取り残された気持ちになる人もいます。

このように、人は見るものを通して自分の心を知ることができます。

同様に、同じ色を見ても、良い色だと思うときもあれば、あまり好きではないと感じることもあります。

ここでは、3つの色のうち、どの色を選ぶかによって、どのような他者との関わり方に向いているかを見ていきます。

色を選ぶ

カラーセラピー②心地よい他者との関わり方を知る

出典:photoAC

今回は心地よい他者との関わり方について知ることがテーマとなります。
①オレンジ
②緑
③紫

3つの色のうち、気になるものを1つ選んでください。

あまり深く考えてしまうと、この色はふだんから自分が好きな色だから選ぶのだ、今日はあえてこちらにしようとか、この色はそんなに好きでないはずなのになぜ選んだのだろう?やはりこちらにしよう、などと思考が邪魔してしまいます。

これだ!とピンと来たものを選ぶと、今のあなたの心を素直に映し出してくれます。

オレンジを選んだ人は

カラーセラピー②心地よい他者との関わり方を知る

出典:photoAC

オレンジを選んだあなたは、友だちや知り合い、仲間が多い社交的な人です。
今の交友関係は、決して努力なしには築けません。

あなたは自分より困っている人がいれば、その人からのSOSを優先させることができます。
また、困ったことがあるとき、人に相談したり、頼ることのできる人です。

だれかを頼れるというのは才能です。自分の弱みを他者に見せなければならないため、どんなに苦しい状況でも他人に手を借りることができないで悪循環に陥る人もたくさんいます。

あなたはこうして弱みを見せ合うなかで、友情や愛情を構築していくことができます。
しかし、あなたはとても孤独な人です。

だれとでも仲良くなれる反面、唯一無二の親友に出会えないうちは、上滑りするような交友関係に疲れ、ひとりきりの時間が寂しくてたまらなくなります。

あなたにとって重要なのは、どんな弱みも見せ合える、本当の意味での友人やパートナーを見つけ出すことです。

かけがえのない相手に出会えると、あなたはこれまでよりもさらに社交性を発揮し、ひとりではなし得ないことに着手することができます。

緑を選んだ人は

カラーセラピー②心地よい他者との関わり方を知る

出典:photoAC

緑を選んだあなたは、自己主張をするよりも調和を愛する器用な人です。

自分の個性を脇へ置いておき、指導者や上に立つ人がいなければそこに座り、参謀がいなければ参謀となり、騎士が必要であれば騎士になれる、カメレオンのように自分のカラーを変えられる才能を持っています。

このタイプの人は、他者に合わせる能力が高すぎるため、ある種都合の良い人になってしまいがちです。

人数合わせのために合コンや飲み会などに誘われることも多いでしょう。
他者に合わせることのできる能力はとても希有なものです。

自分だけが利益を得ることを良しとせず、全体の調和を重視します。

そのため、このタイプの人がいると場が和むと言われたり、ムードメーカーとして重宝がられることもあるでしょう。

かといって、決して自己主張がないわけではありません。

そのため、あまり他者との付き合いに時間を割かれてしまうと、だんだんと自分を見失ったり、ストレスを感じるようになってしまいます。

ひとりの時間を大切にしたり、自己表現の場を持つことで、自分と他者とのバランスが取れるようになります。

紫を選んだ人は

カラーセラピー②心地よい他者との関わり方を知る

出典:photoAC

紫を選んだあなたは、だれよりも不調和を嫌います。

このタイプの人のいう不調和とは、自分と合わない人との時間や会話です。
一匹狼といってもいいでしょう。

一匹狼であるために必要な資質は、自分を信じる力と、真実を好む心です。
この2つの能力を備えているのが紫を選んだ人に多くいます。

たとえば、お世辞やリップサービスも他者との関わりを良好にするために必要だと考えている人がいますが、このタイプの人はこのようなうわべだけの会話をする時間は唾棄すべきものであると言い切ることができます。

自己主張が強く、気の合う人とは親密になれますが、完全に気を許すということがありません。

とはいえ、すべての人との関わりを断ちたいと考えていたり、自分以外の人は愚かであると考えている人は少なく、プライベートスペースがほかの人と比べて多く必要な人といえるでしょう。

繊細な心を持った人でもあります。

積極的に多数の他者と関わるよりは、まずはひとりの時間や場所を最優先し、少数の大事な人々と関わっている状態が心地よく感じられます。

まとめ

カラーセラピー②心地よい他者との関わり方を知る

出典:photoAC

オレンジを選んだ人は社交家タイプ、緑を選んだ人は調和を取るのが得意なムードメーカー、紫を選んだ人は自己を強く持つ一匹狼タイプだとわかりました。

他者との関わりがうまくいかず悩んでいる人は、まずは自分がどのタイプか知ることで、自分を受け入れることができます。

自分とは異なるタイプの人を羨むのでなく、自分にとって心地よい関わり方を見つけていきましょう。

▽【今月一番読まれている記事】夢占い-夢で、好きな人が出てきたのは何を意味するのか?▽

電話占いなら絆【kizuna】

口コミで話題の電話占い絆 この悩み、誰かに相談したいけど… ご安心ください 『電話占い絆~kizuna~』では、お客様に安心してご利用頂けますよう、日々サービスの向上に取り組んでおります。 簡単操作、安全・安心、明朗会計 今ならもれなく3000円分のポイントプレゼント
まずは無料鑑定を是非お試しください。
口コミを確認 新規会員登録

NEW ARTICLE 「占い」カテゴリの最新記事